気をつけろ!東京で保育園に入りにくいのはこの駅だ!

2017年9月22日育児/子育て育児/子育て, 待機児童

 

アエラdotに東京23区のどの駅が保育園に入りやすいかを調査した記事がありました。

東京23区392駅「保育園に入りやすい駅・入りにくい駅」はここだ!

 

記事では、都が発表している待機児童数とは異なり、マンション購入サイトの情報を元に「0歳潜在待機児童」を推計しています。

都が発表している単純な待機児童数では世田谷区がワースト1位、目黒区がワースト2位ですが、この上記記事の調査では湾岸の高層マンション群を要する地域がワーストランキングに多く位置付けられています。

原因は近年急速に増えたタワーマンション。都心へのアクセスが良いわりに、平米あたりの単価が(都心の区に比べれば)高くないため、ファミリー層に人気が出ているようです。

よく大型タワーマンションの近くで保育園や小学校が整備されているのを見かけるのですが、ニーズに整備が追いついていないようですね。

待機児童を区全体でみるのではなく、駅ごとにみるとバラツキが見えてくるようです。若い世代の自宅選びの一番の懸念点は間違いなく保育園問題です。こういった情報も参考にしながら、どこに住むのが良いか考えるべきでしょうね。。。