東京都が待機児童対策に企業内保育所を支援

2017年9月22日育児/子育て育児/子育て, 待機児童

 

東京都が待機児童の追加対策として、企業内保育所の支援策を発表しました。

待機児童解消に向け東京都は15日、従業員向けの保育所(企業主導型保育所)の設置を行う企業に対する支援の拡充などの追加対策を発表した。対策費は計約35億円で、国の補助金を充てるなどして当初予算の範囲内でまかなう。

2017年9月16日 産経ニュースより引用 全文はこちら

最近、大手企業中心に企業内に保育所が設置されている会社がちらほらあります。

(企業ではないですが、少し前に議員会館内ある保育所の利用で話題になった件もありましたね。(^_^;A )

基本的には従業員が優先的に使えるようになっていると思うのですが、近隣の住人からも子どもを預かっているところがあるんですね (・д・) ホー

私の周りでは従業員でも順番待ちをしている、という話をよく聞くので、外部まで預かれるところはあまり多くはないんじゃないかと思うのですが。この追加支援で企業内に保育所を設置する企業が増えてくれると定員にも余裕が出てくるのでしょうか ( ̄^ ̄ 😉

支援の中で家賃補助の話が出ています。企業内に設置されている保育園はビジネス街からアクセスがいいため、非常に家賃が高額になりがちです。ですので、だいたいが非常に狭くて小さな施設なのですが、そこに補助金を出して広い空間を確保できるようになれば定員増にもなるし、子どもたちも広いスペースが使えるようになり喜びますね ∩(〃・ω・〃)∩

また定員増に対応して保育士さんも必要になるかもしれないので、その点も支援に入っているようですね。いい感じです!

百合子さまには是非頑張っていただいて、待機児童問題解決に邁進していただきたいです(*>o<)ノ 百合子ファイト!!