ワーキングマザー&共働き夫婦必見!「働く母親の罪悪感」は心配ご無用!

育児/子育て, 雑感育児/子育て, 雑感

英字メディアのTIME(MONEY)に共働き夫婦、特に働くママにぜひ読んでほしい記事が出ていました。

「働く母親の罪悪感」について書かれた記事です。

意外かもしれませんが、アメリカでは幼い子供をもつ母親は働くことに罪悪感をもつ人が多いらしく、子供の健やかな成長に悪い影響があるのではないかと心配だという人が多いようです。

そして恐らくこれは日本の働くお母さんも同じ心配をしているのではないかと思います。

しかし、以下の記事では多くの研究から、むしろ働く母親の子供たちは成功する傾向があり、全く心配ない。だから罪悪感を感じずに働いて大丈夫!!と言ってくれています。

原文は英語ですが、拙いながら9割がた訳してみました。(一部省略&意訳しています)

The single biggest factor that holds women of the United States back in career and money is working mom guilt.

The general, public assumption is that in the United States, women earn 79 cents on the male dollar because white men in C-suits arbitrarily decide that women do not deserve equal pay, and the male-dominated halls of government fail to fund family-focused policies.

アメリカ人の働く女性がキャリヤやお金に隠れて抱えている問題は「母親の罪悪感」である。

公然の事実として、男性が1ドル稼ぐのに対して、女性は79セントしか稼げない。なぜならば、男性の経営者たちは女性は男性と等しい給与を与えるのにふさわしくないと決めている。さらに男性に支配された政治は家族への政策に財源をあてることをしないからだ。

The social and internal pressures that women face to create the Leave it To Beaver, nuclear family with a stay-at-home mother and breadwinning father are real and powerful forces that shape attitudes and major life decisions.

女性が向き合う、在宅の(専業主婦の)母と稼ぎ頭の父をもつ核家族を作るというプレッシャーは女性の態度と人生の主な決断を決定する大きな要因になっている。
(注:Leave it To Beaverは「ビーバーちゃん」というテレビ番組で、ステレオタイプの核家族像を描いたもの。)

In the United States, a full 70 percent of mothers with children under age 18 work outside the home, and 40 percent of these moms are the family breadwinner.

Yet whether mothers work because they want to, or — far more likely — because they and their kids need to eat, they usually feel bad about it.

Society teaches us that when mothers work outside the home, children are hurt.

 

アメリカでは18以下の子供と暮らす女性の70%以上が家の外で働いており、そのうちの40%は家族の大黒柱(稼ぎ頭)である。

しかし、彼女自身が働きたいと思っていても、働くのは子供の食費のためだとしても、どちらにしても彼女たちは働くことはよくないことであると感じている。

なぜなら、社会は私たちに母親が外で仕事をしていると子供は傷ついていると刷り込んでいるからだ。

A recent Pew survey found that 60 percent of Americans believe children are better off when a parent is at home , and 37 percent of people in this country believe it’s bad

It’s no surprise that Pew found that 38 percent of full-time working mothers say they spend too little time with their kids, compared with just 11 percent of stay-at-home moms.A Workingmother.com poll found that 57 percent of respondents feel guilty every single day, and 31 percent feel guilty at least once a week.

最近のPew(アメリカのシンクタンク)の調査では、アメリカ人の60%の人が親が家にいる方が子供は健やかであると考えており、37%の人たちが、小さな子供をもつ子供が外で働くことは悪いことであると考えている。

Pewの調査では、フルタイムで働く母親の38%が子供と過ごす時間が少なすぎると感じており、一方で専業主婦の母親は11%が(子供と過ごす時間が少なすぎると)感じているにすぎない

ワシントンポストの世論調査では57%の働く母親が毎日罪悪感を感じており、31%は少なくとも週に1回は感じていると判明している。

Where does all this guilt come from?

American moms feel guilty for working outside the home because collectively, as a society and as individuals, we idolize a fictitious notion of a world in which the norm is a classic nuclear family: The father worked outside the home, earning the money, the mother stayed home all day, caring for a house and nurturing children’s frontal lobe development.

これらの罪悪感はどこからくるのだろうか。

社会や個々人が、古典的な核家族を理想としているために、アメリカ人の母親たちは外で働くことに罪悪感を覚えるのである。つまり、父親は外で働きお金を稼ぎ、母親は家に止まり家事や育児をして、子供の発達を支えるという家族の形だ。

The problem with this fantasy world is that it was never, ever the norm.

Our collective point of reference for a “healthy” family often goes to a contrived golden era of the 1950s and 1960s, when television shows and magazine advertisements blasted this stereotype into millions of American homes, only perpetuating the Leave It To Beaver fantasy.

このファンタジーの問題は、けしてそれが今まで標準であったことはないということだ。

我々は健康的な家族のイメージを1950年代〜60年代のゴールデン時代に求めがちである。この時代をテレビ番組や雑誌広告はステレオタイプとして何百万人ものアメリカ人に見せたが、それは(テレビ番組の)「Leave It To Beaver(ビーバーちゃん)」のようなファンタジーの世界を永続させているだけだ。

It is no wonder that survey after survey has found that mothers want to work, and moms who do work report less depression, anger and are overall happier, than moms who do not work for pay.

One of the most exciting antidotes to working-mom guilt has been the recent slew of scientific research that finds that children with mothers who work outside the home thrive.

A Harvard Business School study of 50,000 adults found that in 24 countries, daughters of working mothers finished more years of education, earned higher salaries, and were more likely to be employed and in supervisory roles than their peers raised by moms who never worked.

働きたいママと、働いているママは働いていないママに比べてうつ病になりにくく、怒りもすくなく、全体的に幸せであることが調査の結果わかったことも不思議ではない。

働くママの罪悪感へのもっともエキサイティングな解毒薬は、最近たくさんの科学的調査が外で働く母親の子供が成功するということを示していることだ。

ハーバード・ビジネス・スクールの 50,000人を対象とした研究では、24カ国において、働く母親の娘は、全く働いたことのない母親の娘と比べて、教育をより多く受けて、高い給与を得ており、管理者の立場で雇用されている傾向が高いということがわかった。

 

In the United States, daughters of working mothers earned 23 percent more than daughters of stay-at-home mothers, and sons spent seven and a half more hours a week on child care and 25 more minutes on housework.

“ In other words, when mothers work outside the home, the pay gap narrows, and the labor gap inside the home narrows,” the study’s lead author, Harvard Business School professor Kathleen McGinn, told me.

米国では、働く母親の娘は、専業主婦の母親の娘よりも23%多く稼ぎ、そして息子は、週に育児上に使う時間が7半時間以上多く、1日に家事使う時間に25分以上多い。

「言い換えれば、母親が家の外で働けば、賃金格差が小さくなり、かつ家庭内労働の差も小さくなるのです。」と研究の主筆者であるハーバード・ビジネス・スクール教授キャスリーン・マクギンは言う。

University of Maryland’s awesome meta-study, “How Does the Amount of Time Mothers Spend with Children Matter?”

The answer to that academic question? None! That’s right, with few exceptions, it matters zero how many hours you spend with your kids.

メリーランド大学の驚くべきメタ調査がある。「母親との時間がどれくらい子供に影響を与えるのか?」答えは(影響)無し!いくつかの例外をのぞいて、どれだけ子供と過ごしたかの影響はゼロだった。

 

For children ages 3 to 11, it makes no difference at all the number of hours a mother spends with her when it comes to the child’s academic or psychological success.

In fact, the pressure to spend so much quality time with children creates so much stress in moms that it may actually make us worse parents than if we just focused our time on making more money, as a mother’s education and financial achievements have a greater impact on her children than sheer hours spent together, the researchers found.

3歳〜11歳の子供については、母親とどれだけ一緒に過ごしたかは学問的、心理的成功に全く違いを生まなかった。

むしろ、たんにお金を生み出すことに時間をつかうことよりも、長い時間を子供たちと一緒にすごさなければいけないというプレッシャーの方が大きなストレスを母親たちに生み、それが私たちをよくない親にしている。母親の教育レベルや経済的成功の方が、一緒に過ごした時間よりも子供に大きな影響を与えていることを研究者たちは発見した。

Debunking the fallacy that is working-mom-guilt, is critical if women will ever step into their full potential as individuals, or collectively as we work to close the pay gap.

Work and money are not luxuries, and your children benefit in countless ways by having a proud, successful, financially comfortable mother.

「働くママの罪悪感」の間違った考えの正体を暴くことは、女性の個人としての可能性を広げ、給与のギャップを小さくする上で非常に重要だ。

働くこととお金は贅沢ではない。誇りをもち、成功していて、経済的に快適な母をもつことはあなたの子供に何よりよいことなのだ