東京の子育てしやすい街&共働き夫婦が住みやすい街(23区北部)

育児/子育て育児/子育て

東京の子育てしやすい街、共働き夫婦が生活しやすい街について検討するシリーズ。

今回は23区北部に位置する豊島区、北区、板橋区を比較します。

他の地域は以下をご覧ください。

都心6区比較

南部4区比較

西部3区比較

今回も前回同様に以下の項目について記載していきたいと思います。

  • ①家賃相場(45〜50平米とします)
  • ②通勤・アクセスの利便性(区の主要駅からビジネス主要駅(東京、新宿、池袋、渋谷、品川)までのアクセス)
  • ③治安(犯罪件数・犯罪率)
  • ④保育園状況(待機児童など)
  • ⑤教育水準
  • ⑥子育て支援サービス
  • ⑦小児科の充実度
  • ⑧その他、ふわっとした情報

東京北部3区(豊島区、北区、板橋区)の家賃相場

共働き夫婦と小さな子供で都心に住むとして、45〜50平米は欲しいところだと思います。そこで45〜50平米(1LDK/2K/2DK)の家賃相場を調べてみました。

順位 区名 平均家賃(お手頃順)
板橋区  10.51万円 
北区  11.95万円 
豊島区 14.06万円

というわけで、ベストが板橋区、ワーストが豊島区です。都心や23区南側に比べると比較的家計にやさしい家賃水準となっています。

通勤・アクセスの利便性

(都心6区の主要駅からビジネス主要駅(東京、新宿、池袋、渋谷、品川)までの時間)

共働きだと特に通勤時間がとても重要です。各区の主要駅(主観ですが、有名だとか人が住める、住みたいと思えるような駅)からビジネス主要駅(東京、新宿、池袋、渋谷、品川)までの電車アクセス時間を調べました。(複数路経路ある場合は最短時間のものを記載しています。)

個人的には純粋に電車に乗っている時間が15分〜20分程度であれば、ドア to ドアで30分〜40分程度で通勤ができて、快適だと思います。それ以上かかると満員電車なので結構体力を消耗すると思います。(1時間とか普通に頑張っているお父さんもいっぱいいますが。。。)

※数字はかかる時間、単位は分です。20分以下の数値は赤字にしています。

         To

From

東京へ 新宿へ 池袋へ 渋谷へ 品川へ
豊島区 池袋 18 5  0 11 27
巣鴨 21 15  5 21 32
要町 26 13 1 18  32
駒込 19 16 7 23 30
大塚 23 12 3 19  33
椎名町 29 17 3 23 37
雑司が谷 29 10 3 13  35
目白 24 7 3 14  27
北区 赤羽 19 16 9 21 28
王子 21  27 19 34 32
田端 16 19 10 26 28
東十条 24 24 18 31 36
西ケ原 27 27 18 33 39
滝野川一丁目 31 26 17 33 42
十条 28 13 6 18  33
板橋区 地下鉄成増 39 26 15 30 49
大山 28 16 6 22 36
板橋本町 32 24 18 31 41
志村三丁目 36 30 23 36 46
新板橋 27 20 14 26 38
ときわ台 35 24 12 31 45
蓮根 38 32 25 38 49
上板橋 37 25 15  32 46
高島平 42 35  30 42 54

23区の北側ということもあり、池袋、新宿にはどの区もかなりアクセスが良いですね。特に豊島区はその他の駅へのアクセスもなかなかよくて、バランスが取れています。品川にいくのは遠いので、北側に住むことを検討する際は注意が必要ですね。

引用元 NAVITIME乗り換えアプリ ※平日8:00出発で検索

治安(犯罪件数・犯罪率)

区全体の犯罪件数

治安は警視庁が発表している犯罪発生状況が参考になります。各区の犯罪件数は以下です。

順位 区名 犯罪件数
  北区 3511
  豊島区 4845
  板橋区 5501

こちらより引用 2016年の件数)

犯罪件数では北区がベスト、板橋区がワーストです。

人口1000人あたりの犯罪率

人口(昼夜人口調整済)に対する犯罪発生件数の比率「犯罪発生率」では以下になります。(数値は2015年のものをベースに計算されています)

順位

区名

犯罪発生率
(1000人あたり)

 

北区

8.0件

 

板橋区

9.0件

 

豊島区

11.2件

(前回同様、こちらを参考にさせていただいています)

犯罪率で見ると、北区がベスト、豊島区がワーストとなります。

保育園状況(待機児童など)

2017年4月時点の待機児童数(対前年増減)は以下の通りとなります。

順位

区名

待機児童数
()内は前年からの増減

 

豊島区

0 (-105)

 

北区

82(―150)

 

板橋区

231(-145)

というわけで、待機児童数はベストが豊島区、ワーストが板橋区がです。 

豊島区の待機児童0は圧巻ですね。しかも全ての区が前年度から100名超も待機児童を減らしています。23区北側は待機児童対策が進んでいますね。

 

子育て支援サービス 

各区で受けられる主な子育て支援サービスです。(前回同様こちらのサイトを参考にしています)

内容は2016年3月時点のものです。

  妊婦健診公費負担  子供医療費助成  認可外保育施設の補助  私立幼稚園への補助  その他注目の支援 
板橋区  14回  中3まで  月額2万円  ・入園料補助金:4万円  

・保護者負担軽減補助金:最大15万8,400円/年※詳細 

・ショートステイ・トワイライトステイあり 

・板橋区すくすくカード事業:子育てに使える商品サービス券を配付  

・森のサロン:東京家政大学と協同して親子交流の提供や親子講座を開講 

・認定こども園数/2 

北区  14回  高3まで  月額1万5,000円  ・入園祝金:4万円  

・保護者負担軽減補助金:最大1万4,200円/月 

・ショートステイ・トワイライトステイあり 

・子育て福袋:北区子育てガイドブック、産前産後支援・育児支援ヘルパー利用券、ママ・パパ子育てほっとタイム利用券など 

・子育てにっこりパスポート事業:協賛店で提示すると割引や特典サービスが受けられる  

・各種子育て応援事業:1~3歳の児童に市から誕生日プレゼントを送るなどのイベント開催 

・ファミリー世帯転居助成:区内の民間賃貸住宅を住み替えする場合、親と18才以下の子ども2人以上で構成するファミリーに転居費用30万円まで助成 

・認定こども園数/1 

豊島区  14回  中3まで  最大4万円/月  ・入園料補助金: 最大3万円  

・保護者負担軽減補助金:最大1万200円 

・ショートステイあり 

・無料フットワークバス:東部・西部の子ども家庭支援センターと周辺駅を運行するバスを無料で利用可能(要予約) 

 

教育水準

今回も東京都が実施している「児童・生徒の学力向上を図るための調査」から抜粋して、小学校国語、算数の成績を比較してみます。また比較用に都全体の平均値の表、23区外の某市(名前は伏せます)の表を入れてみます。 

見方は表の中にある「習得目標値」を示す線と、「到達目標値」を示す線に対して、どれだけの割合の児童がいるのか(棒グラフ)という表になっています。つまり右側に児童数の割合を示す棒グラフがあればあるほど、習熟度が高いということになります。

グラフが見比べにくい形式のためあくまでも目で見たレベルですが、順位もつけています。  

    小学校国語  小学校算数 
  東京都全体   
  豊島区
  板橋区 
  北区 
  23区外の某市   

豊島区と板橋区が接戦ですが、僅かに豊島区の方がよく見えるので、豊島区を1位とさせていただきます。

小児科の充実度

小児科の数を0〜4歳児人口の比率でランキングしたものを「小児科の充実度」とします(元ネタはこちらのサイト)。数値は2016年のものです。

※元ネタでは「不足順」でしたが、こちらは「充実している順番」にしています。

順位    1病院当たりの小児数  0歳~4歳児の人口  病院数 
豊島区  128.51  9,253  72 
  北区  192.92  12,733  66 
  板橋区  197.02  21,475  109 

ベストは豊島区で約130名の小児につき小児科1院があります。ワーストは板橋区で約200名の小児につき小児科1院となります。

その他の情報 

豊島区 

  • 巣鴨はおばあちゃんの原宿というが、本当におばあちゃん(おじいちゃん)が多い。ただし若者もそれなりにいて、お店もたくさんあるのでブラブラするにはなかなか楽しい。
  • 池袋は昔は危険なイメージがあったが、今はかなり綺麗になり買い物スポットも豊富。ただし北口周辺は風俗街があるので、治安がよくないと思われる。
  • 池袋、巣鴨、大塚あたりは駅の周辺に風俗店がある出口があるので、住居を選ぶ際は留意すること。

北区 

  • 目立つ区ではないが、緑や公園は比較的多い。また子育て支援にも力を入れている印象。
  • 田端は駅周辺に何もないが、山手線のため通勤は便利で、家賃もそこそこ安く、子育て家庭もちらほら見かける。
  • 王子、東十条あたりは地味ではあるが、住環境としては悪くない。

板橋区 

  • よくも悪くも「普通」の街が多いイメージ。目を引くようなものはないが、住環境としては悪くなく落ち着いた街が多い。
  • 三田線が止まる駅であれば大手町方面にも1本でアクセス可能。ただしそのため朝はラッシュする。
  • 家賃もお手頃で街並みも落ち着いているため、子育て環境としては悪くない。近年若い家族が増えていると言われ、マンションの建設も多い。都心部に比べれば広めでお手軽価格。

ランキングまとめ(各項目の順位)

ベストを1として、各項目の順位を並べると以下になります。

比較項目 豊島区 北区 板橋区
①家賃相場  3  2  1
②通勤・アクセスの利便性 新宿に近い
池袋に近い
他もそれなりに近い
池袋に近い 池袋に近い
③治安

 

犯罪件数 2 1  3
犯罪率 3 1  2
④保育園状況(待機児童)

 

1 2 3
⑤教育水準

 

 1  3  2
⑥子育て支援サービス  –
⑦小児科の充実度

 

1  2  3
⑧その他情報  –