日本財託で投資用中古ワンルームマンションを買った

お金/住まい

今年の目標の一つに掲げていた不動産投資を実行しました。

結論を先に言うと、日本財託と言う会社にて、中古ワンルームマンションを購入しました。(正確には1Kの間取りです)

(分厚い立派なファイルに書類一式入れて渡されました。)

多分世の中には不動産投資に興味があるサラリーマンがたくさんいると思うのですが、アフィリエイト狙いの怪しいセミナーの話とか、「主婦が2億円の資産を築いた!」みたいな話が溢れているので、胡散臭いと思っている人も多いと思います。

私も実際に購入に至るまで、3社〜4社話を聞きましたが、正直「うわー、胡散臭い」と思うところもありました。

また、私はインデックス投資を主軸にやっており、「不動産投資なんて絶対手を出さないぜ」と思っていました。

不動産投資に興味を持ったのは2年以上前です。

実際に話を聞き始めたのは1年半くらい前。そしてそこから1年以上検討してついに実行しました。
(今年勉強したいなぁ、なんて書いていたのは本格的に投資しようと考えていたからで、そもそも話は結構前から聞いていた)

多少不動産購入に興味を持たれている人は、オリンピック後は値下がりするかもしれないし、2022年の緑地法改正なんかもインパクトありそうだし、なんでこの不動産価格が上がりに上がったタイミングで買うのか、バカじゃ無いのか?

と言う風に思われる方も多いかと思います。

いや、まさにその通りで、自分でも「うーん。本当に今買って良かったのかな」と思う点はありますが、それでも今回決断をして実行するに自分なりに納得したところがありました。1年以上かけて疑問や不安を一つ一つ解消していってくれたのが、今回お世話になることになった日本財託さんでした。(逆に聞けば聞くほど、「ここからは買わないな」と言う業者さんもいました)

これから何回かに分けて購入に至るまでに考えたことや、具体的な手続きを書いていきたいと思います。