Translate This Site

東京で受動喫煙防止条例が成立。どこで禁煙になるの?罰則はあるの?

東京都で受動喫煙防止条例が成立しました。これで2020年に向けて、段階的に禁煙の場所が拡大していくことになります。

いやー、小池姉さんありがとう。

豊洲問題では色々ありましたが、この受動喫煙防止条例の成立で逆転ホームラン。全然おつりがきますよ。

国が進めている受動喫煙防止法がグダグダになりそうな中、東京都の条例は何とか踏ん張って、意味のある内容になっています。

受動喫煙防止条例の全文と解説が都福祉局のHPに乗っています。

解説からポイントを引用しつつ、なぜ受動喫煙の防止が大事なのか見てみましょう。

受動喫煙で年間15,000人が死んでいる

解説資料の冒頭に衝撃の数字が踊ります。「受動喫煙による年間死亡者数は推定1万5千人」

そのうち、1万人が女性です。

男性が喫煙者で、その煙を近くで吸ってしまう女性が「受動喫煙」してしまうというパターンが

多いのだと推測できます。

推計とはいえ、年間1万5千人も死亡者が出ている事象だとすれば、即刻禁止にするのが当然ですよね。

条例の序文には以下のように記載されています。

受動喫煙が健康に及ぼす影響は大きく、がん、虚血性心疾患、脳卒中等の発症との関連や、母子にお
いては乳幼児突然死症候群の危険性が高まるなど、健康に悪影響を及ぼすことが科学的に明らかにされ
ている。
全ての都民が生涯を通じて健やかで心豊かな生活を送ることができるようにするためには、受動喫煙
が健康に及ぼすこうした悪影響について、都民一人一人が正しく理解することが必要である。
東京都は、都民の健康増進を一層図る観点から、受動喫煙を自らの意思で避けることが困難な者に対
し、受動喫煙を生じさせることのない環境を整備するとともに、受動喫煙に対する都民の理解の促進に
努めなければならない。
このような認識の下に、どこに住んでいても、生涯にわたり健やかに暮らせる社会の実現を目指し、
この条例を制定する。

どこが禁煙になるの?どこで喫煙できるの?

「殆どの公共施設で禁煙になる」ということなのですが、具体的にはこんな感じです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、要は:

  1. 幼稚園や小学校、中学、高校までの教育機関は「敷地内全て禁煙。喫煙場所もなし!」
  2. 大学、行政施設、タクシーやバスは「敷地内禁煙・ただし屋外に喫煙場所つくってもいいよ」
  3. それ以外の、ホテルとか飲食店とか事務所とかは「屋内禁煙・ただし喫煙専用の部屋をつくってもいいよ」

ということで、飲食店やホテルも原則「屋内禁煙」なのです。

例外として、飲食店の内「従業員がいない場合のみ」「禁煙か喫煙を選択することができる」ということで、

家族経営の小さなお店は、自分たちで選ぶことができるようですが、

普通の居酒屋やレストランは「原則禁煙!!」なのです。

すばらしい。

あと、中学や高校で「喫煙室もダメ」というのがいいですね。

生徒に「タバコ吸うな!」といいながら、

体育教官室を煙で真っ白にしている体育教師もいなくなるということです。

いつから禁煙になるの?

2020年4月には全面施行。その前の1年くらいかけて、順次禁煙の場所が広がっていくイメージのようです。

 

条例違反したらどうなるの?罰則は?

行政処分として「勧告」や「業務改善命令」が出されるのと、

管理者や喫煙者に対しては「罰金5万円以下」が課されるようです。

子育て世代として受動喫煙防止条例に大賛成

もともと自分の父親がけっこうタバコ吸っていたので、わたしとしてはあまりタバコに抵抗はありませんでした。

しかし、結婚してから嫁はかなりのタバコ嫌い。ホテルは禁煙部屋じゃないと泊まりたくないし、新幹線も当然禁煙席。

喫煙ルームの近くの席も嫌がる。なんでもタバコの臭いや煙を嗅ぐと気分が悪くなるらしい。

最初は「そんな大げさな。。。」と思って、禁煙席や禁煙部屋が空いてなかったら喫煙の方でもいいのにと思っていたのですが、嫁に合わせて何年か自分もタバコの煙を受動喫煙すら全くしなくなりました

そうして、気がついたのですが、たまーに入ってくるタバコの臭いとか煙って確かに不快なのです。

昔は慣れていたから、ちょっと煙たいな、くらいにしか思わなかったのが、

ほとんど触れなくなってからは、「むむむ、気分が悪いかも?」と思うようになりました。

これが子供なら尚更だと思うんですよね。

少なくとも子供が近くにいる可能性のある施設では完全禁煙にすべきだと思うようになりました。

今回の都条例は大歓迎です。