日系企業と外資系企業どっちが働きやすい?メリットとデメリットは?

仕事/キャリア

PR




「日本企業は年功序列で若い人が活躍できない」

「日本企業は意思決定が遅くて、やりたいことができない」

「外資系企業は風通しがよいから、働きやすい」

 

こんな風に考えて、外資系企業へと転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

 

わたしは新卒で伝統的日本企業に入り、その後コンサルティングファームや海外での勤務を経験後、再び伝統的日本企業に戻ってきました。

IT系の仕事をしてきたのもあり、ITベンダーやコンサルを中心に外資系企業の知人や友人もたくさんおります。

わたしの経験や、有名日本企業やグローバルな外資企業で働く友人知人の話を踏まえて日系企業と外資系企業のメリット/デメリットを書いてみたいと思います。

日本企業って働きにくいから外資系に行った方がいいの?

さきに結論をいうと、「外資系企業に行ったら幸せ」とは限りません。

「日本の大企業は終わっている」とか「働きやすい会社を求めるなら外資」というのはケースバイケースです。

ただやはり日系企業ならではのメリット/デメリット、外資系企業ならではのメリットデメリットがあります。

就職活動、転職活動で安易に「外資系企業は働きやすい」と勘違いしないで欲しいので、過去に日系企業の友人と外資系企業の友人たちから聞いた話をもとに、お互いの「典型的」な悩みや愚痴を書いてみたいと思います。

話を分かりやすくするため、多少誇張していますが、まあよく聞く話だなー、というのをもとに架空の友人「日系くん」と「外資ちゃん」のやりとりをつくってみました。

日系企業によくいる人、外資系企業によくいる人

日系くん:伝統的日本の大企業で働く若者。社会人3年目。学生時代はサークル代表などをやっていたタイプ。

 外資ちゃん:有名米国企業の日本支社で働く若者。社会人3年目。帰国子女で学生時代から何でもそつなくこなすタイプ。

 

特定の企業の話ではありませんが、日系企業は就職でも人気の大手の銀行、商社、広告代理店、メーカーなど、外資系企業は世界的にも有名なソフトウェアやコンサル、SNSや検索の会社を想像してもらえばよいかと思います。

 

日系企業と外資系企業の違い、メリット/デメリット

 

外資ちゃん久しぶり! 卒業以来あってないから、3年ぶりだよね。元気にしてる?実は最近会社を辞めようか悩んでいて、外資系企業の話を聞かせて欲しいんだ。

 

あら、きぐうね、わたしも最近転職しようかな、なんて考えていて、日系企業の話を聞かせて欲しいわ。

 

ええ、いやもったいないよ。外資ちゃんの会社はグローバル企業だし、転職したいランキングでいつも上位の会社じゃないか。風通しも良さそうだし、おれがそっちに転職したいくらいだよ!!

 

日系くんの会社だって就職したいランキングでいつも上位じゃないの。外資系企業って確かに風通しがいいイメージあるだろうけど、結構大変なのよ。それに日系企業は家族的な働き方ができるってきいてうらやましいわ。私は日本企業がいいと思うよ。

 

日本企業は意思決定が遅い、外資系企業は意思決定が速い?

いやー、やっぱり日本の大企業って俺には合わないって気がしてるんだよ。

閉鎖的だし、年功序列で風通しが良くないんだよ

何かを決める時はすごく慎重で、事前にたくさんの人に説明してハンコをもらうんだ。失敗しても誰も責任を取らなくて済むように、誰も傷つかないようするために、そんなことをやってて意思決定がすごく遅いんだよ!

 

うらやましいわ!

 

えー、なんで?

 

うちなんて、米国本社から数字目標がいきなり降ってきて、今月中に達成しろ!なんてどやされるのよ。

意思決定が早いのはNoを言う権利が日本支社にはないからというのも大きいわ。

それに製品はすべて本社で仕様を決めているから、こちらで決められることが少ないの。

風通しがいいっていうけれど、その分遠慮なくグサリとくる言葉を言い合って、お互いが傷をつけあいまくりよ。誰も傷がつかないように仕事を進めるなんて、すごくうらやましいわ!!

 

日本企業にいると成長が遅くて、外資系企業にいると成長が速い?

 

でも、うちなんて、若手に重要な仕事は任せなくて成長が感じられないんだよ!このまえなんて「入社20年目までは一人前じゃない」なんて言っているおじさんもいて、愕然としちゃったよ。

それで20年たった姿をみたら目の前にはお腹が出て、酒ばっかり飲んでるおじさんだらけだし、30年たったら窓際で新聞読んでるだけのおじさんもいて、そんな風になりたくないよ。

 

うらやましい!

 

ええーなんでなんで?

 

うちなんて、基本マネージャーはみんな転職者なのよ。

転職してポスト交渉しないと偉くなれることはほとんどないの。だから新人が夢を語っても、「一度この会社を出て、転職しないと出来ないよ」と思っちゃう。

マネージャーも3年くらいしかこの会社にいる気がないから、メンバーの育成なんて考えていないし、結局成長する前に新人はみんな転職しちゃうわ。20年もかけて育てようとしてくれるなんて本当にうらやましいわ!

日本企業は人間関係がどろどろしていて、外資系企業は人間関係がさっぱりしている?

 

でもね、うちなんて、人間関係が本当にどろどろしているんだよ。

こんなご時世でも終身雇用だから、人が入れ替わらないんだ。

長い付き合いになるから、職場の行きたくもない飲み会につきあったり、上司の聞きたくもない武勇伝に相槌うったりしてさ。そうやって社内での人間関係を作らないと仕事がしにくくて仕方がないんだ

 

でもうちなんて、どろどろっていうか、殺伐としてるわよ

幹部だって転職が当たり前だから、新しい上司が元いた会社の部下を引き連れてくることもざらで、一夜で派閥が入れ替わったりしてビクビクしてるわ。

もちろんうちも日本法人だから簡単にクビにはならないはずなんだけど、ある日突然 you are firedって例もあったし、上司に嫌われるってことは職を失うかもしれないってことで本当に気を遣うわよ。

 

日本企業は働きにくくて、外資系企業は働きやすい?

そ、そうなんだ。でも外資だと有給や育休を取りやすいし、フレックス出社やリモートワークなんかも進んでいるんでしょ?

うちなんて、フレックスタイムといいながら、みんな電車が混む時間に出社するし、リモートワークも、ハンコがないからといって結局オフィスに来るんだ。有給は遠慮して取らないし、男性の育児休業なんて絶望的な水準だよ。

でも上司に顔を見せておかないと、評価してもらえないし、育休なんてとったら、復帰したら重要な仕事から外されてしまうんじゃないか不安なんだよね。

事実、女性が育休から復帰しても負担の少ない部署にいって第一線から外れる例も見ているし、キャリアを考えるとマイナスになっちゃうんだと思うんだ。

 

たしかにうちのフレックスは本当に何時に出社してもいいし、オフィスの座席は決まっていなくてフリーアドレスだから家でもどこでも仕事ができる環境を提供してくれてるわ。

でも、会社にいかない分、個人の事情とか関係なく本当に成果物とか数値だけで評価されちゃう、ドライな世界よ

育休とか有給は確かに取りやすい雰囲気だけど、それって自分の価値を示していないと本当に危険なのよね。

業務範囲が明確な分、休むってことは「その仕事は他の人のもの」になっちゃう可能性だってあるの。日本企業は女性は育児中は負担が楽な部署へ異動して、第一線から外れるってよく聞くけど、ある意味配慮されていてうらやましいわよ。

うちは原則休暇前のポジション復帰が前提だから、その仕事に復帰できないようならポストがないのよね。

休職中にそのポストに収まった人と競わなきゃいけないし、運よくポストが空いていても、育児をしながらバリバリ働くことが前提っていうプレッシャーもあるし、楽じゃないよ。

結局、隣の芝は青く見えるんだよね。

一事が万事こんな感じで、日系企業だろうが、外資系企業だろうが、有名企業だろうが、グローバル企業だろうが大体みんな自社の愚痴や不満を言い合っていることが多くて、一概にどっちがいいです!と簡単には言えないです。

もちろん上記の会話は分かりやすくするための「ステレオタイプ」な話を誇張しただけで、米国企業ではなく、欧州系企業はもっとゆるいとか、大手日本企業でもブラックはあるとか、例外はあるし、最終的には個社を見ないとわからないんですけどね。

わたしも外資に憧れがあった時期もあるんですが、東京で何年か働いて、実際に外資系の人と仕事をしたり、友達になって話を聞くと、「隣の芝は青く見えるだけかも」と感じることが増えました。

「日本死ね!」というほど、日本の社会や会社は終わっていないと思います。

特にここ最近は働き方改革の影響もあって、積極的に環境改善を図ろうとしているのも耳にするので、ずいぶんと状況が昔とは(上記の会話の元になっているころとは)変わってきたと思いますよ。

それでも今の会社に不満がある人がするべきこと

隣の芝生が青いのはわかっていても、現状に不満があるのであればまずは行動してみましょう。

情報を集める

まずは世の中にはどんな仕事があるのか、業界や会社を広く調べてみましょう。

業界研究の本や会社研究の本を読むのもいいですし、それが面倒であれば

とりあえずリクナビに登録してどんな求人があるのか見てみるのも良いと思います。

 

自分の市場価値を知る(実力を知る)

情報集めをやりだすと「こんな仕事もある」、「こんな会社もある」と目移りすると思います。

ですが、一度ここで現実的に自分がどれくらいの市場価値があるのか考えてみましょう。

具体的にはリクナビや以下のMIIDASに登録して自分にオファーがどれくらい飛んでくるのか、どんな会社からどんな条件のオファーがやってくるのかを見てみるとよいと思います。


ただしオファーといってもみんなに送っている「オープンオファー」のようなものではなくて、

あなたの経歴やスキルを確認したうえで、送ってくる「プライベートオファー」や「ヘッドハンティング」がどれくらいくるのかが特に大事です。

 

専門家の意見を聞く

興味ある会社や業界、自分の望む条件のイメージがある程度固まってきたら、実際に転職エージェントに会ってみましょう。

サイト上だとオファーが来ても「実際には厳しい」という意見もあれば、あまりオファーが来ない場合に「こういう経歴の書き方をすればよい」などのアドバイスをもらうこともできます。

自分の経歴や希望を話していくなかでより現実的な転職プランを練っていくことができます。

 

転職したい業界・会社の人に話を聞く

転職エージェントは「転職してもらう」ことで利益を得ています。

無理やり転職させることはもちろんないと思いますが、表面上のスキルや仕事内容が求人とマッチすれば、

基本的には「転職を否定しない」姿勢です。

しかし、実際にその業界や会社で働いている人たちは、表面上だけではない生々しい話を知っています。

是非、友人知人のつてをたどって、転職してみたい業界や会社の人の話を聞いてみてください。

知り合いが見つからない場合は特化型エージェントを利用する

どうしてもそういう知人がいなければ、転職エージェントの中でも特化型のエージェントを選ぶとよいと思います。

リクルートエージェントやパーソルキャリアなどの大手エージェントは扱う案件は多いし、ツールも充実しているので

理論的なマッチングは得意です。でも、例えば「医療系に特化」のエージェントや「IT系に特化」のエージェントであれば、表面的なマッチングだけではなくって、業界の雰囲気や個々の会社の特徴などもよく把握しています。

また中小規模のエージェントであれば、差別化のために「個々人に丁寧に対応する」という会社もあります。

まずは情報収集を兼ねて大手で相談を行い、自分の興味の範囲や強みがはっきりしてきたら特化型エージェントに相談してみるのがよいと思います。

外資系企業に転職したかったら、まずはJACリクルートメント

外資系企業への転職に興味があれば、とりあえずJACリクルートメントに登録しておきましょう。

⇒ 外資系への転職はJAC Recruitment

リクルートエージェントやパーソルキャリアほど大きな会社ではありませんが、外資系企業や英語を使った仕事の案件に強みがあります。



JACリクルートメントの特徴

  • 英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職に強い
    ⇒JAC Recruitment Groupはアジアで最大級のネットワークを持つ人材紹介会社のひとつ。アジア諸国へ拠点を広げて25年、現在では700名プロフェッショナルコンサルタントが、専門性の高い知識を活かして転職をサポート。
  • 英文レジュメの無料添削や英語面接対策、中国語話力のレベルチェックなど、さまざまなサービスを提供
  • 経理・財務・人事職種、メディカル業界で多くの実績
    ⇒20年以上の歴史があるため、企業の中枢である管理部門で実績あり。 特にメディカル業界は外資系企業が多いこともあり多くの紹介を実現
  •  業界・職種別スペシャリストによるサポート
    ⇒専門性が求められるキャリア採用市場に対応するため、 JAC Recruitmentでは専門分野別にチーム制をとって、業界職種のスペシャリスト育成。 外資系人材紹介会社で一般的なリクルートメント・コンサルタント制を採用。 (リクルートメント・コンサルタント制とは、転職・転進をお考えの方へのコンサルティングと、 求人企業へのコンサルティングの双方を一人のコンサルタントが担当するスタイル。転職希望者のキャリアや想いを、直接企業へアプローチ。 そのため採用決定プロセスの早い外資系企業への転職支援もより確実にスピーディにおこなえる。)
  • 4) 関西でのシェアが高い
    ⇒大阪、京都、神戸に拠点があり、関西圏ではリクルートエージェント社に次いでトップクラスの求人数を誇る。

こんな人におすすめ

  • 外資系企業や海外転職に興味がある

 

IT・ネット系の転職エージェントであればワークポートがおすすめ。

10年以上IT専門の転職エージェントとして活動してきて、2014年からは総合転職エージェントになり幅を広げて扱う案件も増えています。まだまだ大手よりも規模が小さいので丁寧な対応が期待できます。


ワークポートの特徴

  • 株式会社リクルートキャリアが主催するリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』にて第15回~第18回の4回連続、『転職決定人数部門 第1位』を受賞!
  • 強みであるIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績有り
  • 常時15,000件の求人を保有!非公開求人も豊富!
  • 各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート
  • オリジナルツール「eコンシェル」が便利!

こんな人におすすめ

  • IT系の転職に興味がある
  • 専門エージェントと総合型エージェントのいいところを両方つかいたい

 

管理部門の人ならMS-Japanがおすすめ

弁護士、公認会計士、税理士などの専門資格を持っている方や、人事総務、財務経理などの「管理部門」の経験が豊富な方には「管理部門特化型エージェントNo1」をなのるMS-Japanがおすすめです。



MS-Japanの特徴

  • 大手監査法人・会計事務所、ベンチャーキャピタルとのネットワーク
  • 主要都市を中心に、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業 または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関まで、幅広く高度なニーズに応えられるスペシャリストの人材紹介サービス
  • 東京、横浜、名古屋、大阪、京都に支社があり、エリア別の求人が多数
  • 高い専門性をもつキャリアアドバイザーがしっかりサポート

 

こんな人におすすめ

  • 弁護士、公認会計士、税理士などの資格をもっている
  • 経理・財務業務の経験がある
  • 人事・総務業務の経験がある
  • 専門性の高い仕事を探している

 

職歴の浅い人や第二新卒だったらキャリアスタートがおすすめ

これまで紹介したような業界やスキル特化型エージェントを利用するには、職歴や経験が足りないという方や第二新卒として新しい道を選びたい、という方にはキャリアスタートがおすすめ。



キャリアスタートの特徴

  • 若手専門エージェント
  • 労働環境がしっかりした会社だけと取引
  • スピーディな対応、手厚いサポート

こんな人におすすめ

  • 20代のフリーターや第二新卒
  • これからキャリアアップを実現していこうと考えている方
  • 学歴や正社員歴、年収などは一切といません 営業・販売・接客など

東京に上京して仕事と住まいを同時に見つけるならTokyo Diveがおすすめ

地方から東京に上京する人なら、Tokyo Diveというサービスがユニークです。

仕事相談のほかに、住居の相談まで出来てしまうトータルサポート。若い人で職歴がまだまだ浅い人、東京にはじめて出てくる人は相談してみましょう。




TOKYO Diveの特徴

  • 地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に提供
  • 求職や住居探しなど東京での新生活をスムーズに始められるようお手伝い
  • 東京に憧れがあるがその一歩を踏み出せない方にも万全のサポート

こんな人におすすめ

  • 東京で新生活を始めたい方
  • シェアハウスに興味のある方
  • 東京に飛び出したいが不安で一歩が踏み出せない方