Translate This Site

【比較レビュー】ノンアイロンシャツは乾かすだけでシワ無くなる?(おすすめはニット生地&スチームアイロン)

あんまりにも毎日暑いので、クールビズじゃないとつらいです。

暑くて、ブログ更新も滞ってしまった。。。ので、久々に更新。

最近のノンアイロンシャツはすごく着心地がよい

最近は半袖ワイシャツを着用しているのですが、

ノンアイロン加工のものを選ぶようにしています。

ノンアイロンシャツって、なんか安っぽくて、パリパリになってしまうような生地のシャツを

想像していたのですが、最近のは全く違う。

これがストレッチも効いていて、楽チンだし、シワにならなくて清潔にみえるのでとっても良いです。

むしろ、普通の綿100%シャツよりも着心地も快適かもしれない。

ノンアイロンシャツは乾かすだけでシワなくなるの?

とはいえ、「ノンアイロンシャツって効果あるの?」と思う人も多い筈。

洗って干すだけで、アイロンかけなくてもよいなんてホンマかいな?

とわたしもすごく疑っていたのですが、実際に買って自宅洗濯してみてびっくり。

「普通に乾かすだけでほとんどシワがない!」

ノンアイロンシャツを洗ってそのまま干した時の写真がこちらです。

見たとおり、普通に干した時点でほとんどシワが無くなってます。

普通のシャツとノンアイロンシャツの比較

普通のシャツとノンアイロンシャツを、洗濯後の乾燥前、乾燥後で比べてみました。

洗濯後(乾燥前)

普通のシャツ(乾燥前)
ノンアイロンシャツ(乾燥前)

もはやこの時点でノンアイロンシャツの圧勝がわかりますな。。。(´〜` 😉

浴室乾燥で仕上がるとこうなります。

乾燥後(浴室乾燥)

普通のシャツ(乾燥後)
ノンアイロンシャツ(乾燥後)

普通のシャツも少しマシになりましたが、まだまだシワくちゃ。

ノンアイロンシャツはこのまま着れるレベルに仕上がりました!

(生地が柔らかいのでダレて見えますが、シワ自体はほぼありません)

ノンアイロンシャツは経済的だし楽チン(クリーニング不要)

そもそもノンアイロンシャツにしようと思ったのは、

ワイシャツをクリーニングに出していたのですが、毎日のことなのでバカにならないなと。

あと、もっていくのも、取りに行くのも面倒臭い。

多分安いクリーニング店でもワイシャツ1枚で100円〜150円程度かかるでしょう。

1ヶ月で20営業日あったら、それだけで3,000円かかりますが、自宅で洗えば電気代と水道代だけです。

あと、会社の行き帰りにクリーニング店によって預ける、回収するというのも地味に面倒くさい。

朝は9時くらいから、夜は19時とか20時くらいまでの店も多くて、

共働きだと週末くらいしか取りにいけないことも多いと思う。

なので自宅洗濯の方が、「いつでもできる」という精神的な余裕があります。

洗濯の手間は少しかかりますが、クリーニングを預けて、

取りに行ってという手間を考えるとむしろ快適です。

オススメはハイブリッドセンサーかニット生地のシャツ

そんなわけで何種類かのノンアイロンシャツを試してみたのですが、

格好よさは人の好みやデザインによるので置いといて、

生地の着心地やシワの出来にくさでいえば以下の2つがトップクラスによいです。

ハイブリッドセンサー&MUSHON

JAXAと東レも協力して開発したという生地をつかったこちらのシャツ。

シワにならないばかりか、消臭効果まであるという最強ワイシャツです。

記事中にある洗濯後、乾燥後の写真↓につかっているのも上記のシリーズです。

ノンアイロンシャツ(乾燥後)

ニット生地を使ったワイシャツ

あと、お気に入りが、「ニット生地」のワイシャツ。

ニットといっても毛糸でできてるわけじゃなくて、網目状になっている生地ということです。

イメージはポロシャツみたいな生地でワイシャツが作られています。

こういうやつです↓

これ着心地が最強でした。

ちょっとハイブリッドセンサーよりも安価だし、

通気も、ストレッチ感もすごく気持ちよいです。

ハイブリッドセンサー生地の方が少し高級感があって、見た目は好きなのですが、

着心地だけならこちらの方に軍配があがるかと思います。

こちらも単純な乾燥させてこれくらい綺麗になります。

ニットシャツ(浴室乾燥)

スチームアイロンがあったら最強

それで、「ノンアイロンシャツ」なので、

乾かしたらそのまま着たいのですがやっぱり少しはシワが出ます。

ぱっと見かなり綺麗ですが、アップにすると

少しシワが残っています。

でも普通にアイロンかけるのは面倒くさいです。

そこで、「スチームアイロン」で干した状態のまま一気にシワを伸ばしちゃいます。

1万円するような高級なやつでなくても、

以下のような2,000円くらいのやつで十分です。(ただしコードレスではないことが多いので注意を)

こういうので十分シワが伸びる

ノンアイロンなのにアイロンかけるんかい!!

と思うかもしれませんが、これすごい楽なんですよ。ハンガーかけたままスチームかけるだけだから。

ハンガーで干して乾いた洗濯物にそのままスチームかけるだけです。並べて吊るしているところにザーッとスチームかけるだけでめちゃんこシワが綺麗になります。

こんな感じで、吊るしたまま、一気にかけちゃいます

cof

これが普通のアイロンだと、ハンガーから外して、アイロン台出して、一枚一枚気を使いながらシワを伸ばしていかないといけない。

同じ「アイロン」という名前がついていますが、普通のアイロンとスチームアイロンは全く別のものだと考えた方がよいです。

スチームアイロンをかけた結果

さきほど残っていたシワも殆ど見えなくなりました。(ポッケが厳しいか?)

 

ノンアイロンシャツ✖スチームアイロンの結果

まず比較のために普通のシャツを乾かしたあと、スチームアイロンしたものはこちら

普通のシャツ(スチームアイロン後)

そして、ノンアイロンシャツをスチームアイロンしたのがこちらです

ノンアイロンシャツ(スチームアイロン後)

他のノンアイロンシャツもスチームアイロンしたものを並べておきます。

ニット生地のシャツ
ハイブリッドセンサーのシャツ(白色)

どうでしょう。

そんなわけで、ノンアイロンシャツとスチームアイロンの

組み合わせがシワ伸ばしの対策には最強です。

生地は以下のハイブリッドセンサーか、ニット生地を選んどけばまず間違いないと思います。