【比較】子育てしやすい区&共働きで住みやすい区(23区西部)

お金/住まい

PR




東京の子育てしやすい街、共働き夫婦が生活しやすい街について検討するシリーズ。

今回は23区西部に位置する中野区、杉並区、練馬区を比較します。

他の地域は以下をご覧ください。

地域
都心6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区、文京区)
南部4区(品川区、目黒区、世田谷区、大田区)
西部3区(中野区、杉並区、練馬区)
北部3区(豊島区、北区、板橋区)
東部7区(台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区)

今回も前回同様に以下の項目について記載していきたいと思います。

  1. 家賃相場(45〜50平米とします)
  2. 通勤・アクセスの利便性(区の主要駅からビジネス主要駅(東京、新宿、池袋、渋谷、品川)までのアクセス)
  3. 治安(犯罪件数・犯罪率)
  4. 保育園状況(待機児童など)
  5. 教育水準
  6. 子育て支援サービス
  7. 小児科の充実度
  8. その他、ふわっとした情報

家賃相場

共働き夫婦と小さな子供で都心に住むとして、45〜50平米は欲しいところだと思います。45〜50平米(1LDK/2K/2DK)の家賃相場を調べてみました。

順位(安い順)区名家賃相場
1位練馬区10.97万円
2位杉並区 13.49万円
3位中野区13.55万円

というわけでベストが練馬区、ワーストが中野区です
都心や23区南側に比べると比較的家計にやさしい家賃水準となっています。

マンション購入を検討しているならこちらもおすすめ↓

通勤・アクセスの利便性

(都心6区の主要駅からビジネス主要駅(東京、新宿、池袋、渋谷、品川)までの時間)

共働きだと特に通勤時間がとても重要です。

各区の主要駅ビジネス主要駅(東京、新宿、池袋、渋谷、品川)までの電車アクセス時間を調べました。(複数路経路ある場合は最短時間のものを記載しています。)

電車に乗っている時間が15分〜20分程度であれば、ドア to ドアで30分〜40分程度で通勤ができて、快適だと思います。

   To    
From東京へ 新宿へ 池袋へ 渋谷へ 品川へ
中野区 東中野 214151327
中野 195171629
中野坂上 234171632
中野新橋 277212135
新井薬師前 3718172538
野方 3921212842
新江古田 3816183043
中野富士見町 99232337
杉並区 荻窪 1313242437
高円寺 229201933
阿佐ヶ谷 2411222135
下井草 4325243245
高井戸 4423392242
東高円寺 299232235
方南町 3313272340
南阿佐ヶ谷 3313242639
新高円寺 3111252438
永福町 3716321537
練馬区 練馬 3619112744
平和台 3521102544
豊島園 3921203448
上石神井 4426253346
新桜台 342082442
光が丘 4825243851
桜台 342493044
富士見台 3927153448
練馬春日町 4623223649

(NAVITIME乗り換えアプリ 平日8:00出発で検索した結果)

中野区は新宿に抜群にアクセスがよく、池袋、渋谷にもかなり行きやすい、杉並区は新宿に、練馬区は池袋にアクセスが良いというのが全体的な傾向でした。

引越し業者比較するならこちらがおすすめです
 嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

治安(犯罪件数)

区全体の犯罪件数

治安は警視庁が発表している犯罪発生状況が参考になります。各区の犯罪件数は以下です。

順位区名犯罪件数
中野区2679件
杉並区3783件
練馬区5235件

こちらより引用 最新のH29年の件数)

犯罪件数考えると1番安全なのは中野区、1番危険なのは練馬区です。

引越し業者比較をするならこちらが良いと思います

→ 嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

子育て支援サービス

各区で受けられる主な子育て支援サービスです。
(前回同様こちらのサイトを参考にしています)

内容は2016年3月時点のものです。

区名妊婦健診公費負担 子供医療費助成認可外保育施設の補助私立幼稚園への補助その他注目の支援
練馬区14回中3まで 最大2万円・入園児保護者補助金:最大4万円

・保護者負担軽減費補助金:最大1万1,200円/月※詳細
・ショートステイ・トワイライトステイあり

・子育てスタート応援券:家事応援券(育児支援ヘルパー事業)と育児応援券(ファミリーサポート事業)を無料で提供(1歳未満の子どもがいる家庭に限る)

・ねりまキッズ安心タクシー:育児講習・検定を開講し育児知識に長けたタクシードライバーを育成

・第3子誕生祝金:第3子以降の出生した児童1人につき20万円

・認定こども園数/5
中野区14回中3まで 最大6万2,000円/月 ・入園料補助金:4万5,000円

・保護者補助金:最大1万2,000円まで/月
・ショートステイ・トワイライトステイあり

・まちなかサロン:区民の自宅や地域センター等を開放して子育て中のママたちが交流する場を提供。乳幼児向けは7ヵ所、参加費は100~300円程度

・認定こども園数/2
杉並区14回中3まで 最大6万7,000円/月・入園料助成金: 最大6万円

・保護者補助金・就園奨励費補助金:最大46万2,800円
・ショートステイあり

・子育て応募券:就学前の児童がいる世帯へ子育て支援サービスに利用できる応募券を配布

・認定こども園数/0

教育水準

今回も東京都が実施している「児童・生徒の学力向上を図るための調査」から抜粋して、小学校国語、算数の成績を比較してみます。

また比較用に都全体の平均値の表、23区外の某市(名前は伏せます)の表を入れてみます。

見方は表の中にある「習得目標値」を示す線と、「到達目標値」を示す線に対して、どれだけの割合の児童がいるのか(棒グラフ)という表になっています。

つまり右側に児童数の割合を示す棒グラフがあればあるほど、習熟度が高いということになります。

グラフが見比べにくい形式のためあくまでも目で見たレベルですが、順位もつけています。

順位区名小学校国語 小学校算数
-東京都全体
1位杉並区
2位中野区
3位練馬区
-23区外の市

目検ですが、杉並区が僅差で1位、中野区が2位、練馬区が3位とさせていただきました。3区とも大きくは変わらないように見えますが、やはり23区外と比較すると高い習熟度を示しています。

0歳〜の年齢に合わせた通信教育ならこちら⬇️

レベルの高い通信教育ならこちら⬇️

小児科の充実度

小児科の数を0〜4歳児人口の比率でランキングしたものを「小児科の充実度」とします(元ネタはこちらのサイト)。数値は2016年のものです。

※元ネタでは「不足順」でしたが、こちらは「充実している順番」にしています。

順位区名1病院
当たりの
小児数
0歳~4歳児
の人口
病院数
1位中野区149.97人10,648人71
2位杉並区172.78人20,043人116
3位練馬区199.4人29,511人148

ベストは中野区で約150名の小児につき小児科1院があります。
ワーストは練馬区で約200名の小児につき小児科1院となります。

その他の情報

中野区

  • 中野ブロードウェイはサブカルの聖地。
  • 公園や緑は少なめで、人口密集度が高め。
  • 人口に締める若い人(20〜34歳)の割合が多く若者の街としての側面がある。

杉並区

  • 住みやすい街が多く、家賃も控えめなのでファミリー層が住むには良い地域と思われる。
  • 荻窪や阿佐ヶ谷は落ち着きと便利さがバランスの取れた住みやすい街と聞く。
  • 阿佐ヶ谷のパールセンター商店街はかなりの規模。アーケード街なので雨でも安心。
  • 比較的緑が多い地域。

練馬区

  • 約70年前に板橋区から独立した一番新しい区
  • 公園の数や緑地がとても多い。実は結構農家も多い。(田舎とも言える??)
  • よく言えば閑静な住宅街が多く、悪く言えば何もない住宅地が広がる。

ランキングまとめ(各項目の順位)

ベストを1として、各項目の順位を並べると以下になります。

比較項目中野区杉並区練馬区
①家賃相場(安い順)321
②通勤・アクセスの利便性新宿、池袋、渋谷にアクセス良し新宿にアクセス良し池袋にアクセス良し
③治安 犯罪件数123
③治安 犯罪率312
④保育園状況(待機児童)312
⑤教育水準213
⑥子育て支援サービス---
⑦小児科の充実度 123
⑧その他情報---

オススメの子育て/共働きに便利なサービス

一部有料のものもありますが、実際に使ってみて絶対おすすめのサービスです。

公共の施設・サービス

23区で利用できる公共の施設やサービスをまとめています。我が家も地域子育て支援拠点(子育て広場)などはよく利用しています。
登録すれば利用は無料です。休日行くところがなければ、まずはこちらへ。

公共サービス

宅配の料理キット

絶対オススメのサービスです。もはや宅配の料理キットは我が家の必須アイテムです。

こちらにまとめてます

料理キット

各種アマゾンのサービス

子育てするなら、アマゾンプライムとアマゾンファミリーは絶対必須です。

 

いかがでしたでしょうか?

子育てしやすい街、共働きしやすい街を考える際の参考になれば幸いです!